子牛が母に甘えるように妊娠出産と戯れたい

子牛が母に甘えるように妊娠出産と戯れたい

HOME

子供ができない原因はストレス



子供ができない原因はストレス

最近は、高齢出産で第一子を産む方が多く、日本の初婚平均年齢も上がってきています。

子供を持たない考え方の夫婦も多く存在し、社会現象にもなってきています。

子供ができないと諦め、年月が経過してしまい、子供がいない人生でも楽しくやっていけるという考え方の大人が増えました。

子供ができない原因を改めて考えると、ストレスが関わってきているのではないかということです。

不妊治療しても、子供ができないのであれば、ストレスをなくし、ゆっくりと体を休める事です。

特に女性は、朝から、家事をこなし、その後、急いで職場に出かけ、夕方まで働いた後、買い物をして帰宅、休む間もなく、夕食作りと非常にハードワークです。

この、生活をしていれば、妊娠をする余裕もなくなり、ストレスで、排卵障害が起きてもおかしくはありません。

子供ができない原因は、この生活環境にあるのかもしれません。

少し、仕事を減らし、休みをとれる環境作りも大切です。

女性の職場のシフトや、妊娠に対しての理解があれば、尚良いのですが女性が役職付きとなると、なかなか自由に休みがとれません。

ストレスのない仕事に思いきって、転職するのも、ひとつの方法かもしれません。

ゆっくりなペースで働くことができ、いつでも休む事ができる仕事がベストですが、在宅ワークが一番良い仕事かもしれません。

パソコンが得意であれば、データー入力など、一般企業と直接やりとりすることができて、自宅にいながら自分のペースで仕事をすることが可能です。

自分の時間が増えるので、習い事や、趣味、友人とたくさん会う時間ができます。

子供を授かるには、最適な毎日の過ごし方ともいえます。

休みの日は、たまった家事をして終わるだけの休日から、夫婦そろって出掛ける余裕さえでてきます。

仲良く過ごすことで、ますます、妊娠する確率が上がります。

精神のバランスが整う事から、体温が安定し、正確に排卵が起きることでしょう。

ストレスをなくす生活を心がけていると、不妊の原因のひとつでもある、子宮内膜症の発生や進行を防ぎます。

卵巣を若く保つためにも、無理のない生活を送ることです。

今のままのハードワークをこなしたまま、不妊治療するのは費用がもったいないのです。

この生活を心がければ、自然妊娠するようになるかもしれません。

不妊治療は、お互いのストレスを拡大させてしまいます。

あせらずに、気長に待ちましょう。

くれぐれも、普段から、食品添加物をとりすぎる事のないよう注意して下さい。


つわり食べ物

女性がより妊娠しやすくなる人工授精後に行いたいこと



女性がより妊娠しやすくなる人工授精後に行いたいこと

人工授精は直接細い管を使って子宮に精子を入れて、卵子と精子が授精する仕組みです。

人工という名前が付いているので人工的に授精させると考えがちですが、精子を入れること以外は自然妊娠と同じ仕組みです。

大きな副作用もなく、安全な方法として不妊治療に使われています。

授精の確率を上げることができ、何回でも出来るのが特徴的です。

痛みも少なく、身体に負担を掛けることがないのも特徴です。


確率を上げるためにも、日常生活の中で注意したいことがあります。

まずは身体の冷えを取ることで、様々な機能を改善させます。

身体が冷えているとホルモンバランスに影響を及ぼし、子宮や卵巣の働きを妨げてしまうことがあります。

受精卵や排卵にも影響が出るので、身体を冷やさないように注意します。

温かい食べ物や飲み物を摂ったり、お風呂にゆっくり浸かるなどして身体を冷やさない工夫をします。

特にお腹や腰回りの冷えは大きく影響するので、腹巻などで温めるようにします。

ストレスを溜めないように気を付けることも大切で、ストレスがあるとホルモンの分泌が妨げられてしまうのです。

妊娠に必要なホルモンの分泌が減ってしまうことで、子供が授かりにくくなります。

なるべく大らかな気持ちで過ごすようにして、ストレスを出来るだけ溜めないようにします。

入浴中には薫り高い入浴剤を使ったり、アロマキャンドルを使って精神的に落ち着ける環境を作ります。

ハーブティーも飲むようにして、内側からケアするようにします。


十分な睡眠を取ることもポイントで、質が良い睡眠を取ることが出来れば成長ホルモンが多く分泌されます。

妊娠に必要な女性ホルモンの分泌が活発になり、身体に良い影響を与えます。

特にノンレム睡眠のときにホルモンが多く分泌されるので、深い眠りが訪れるように工夫します。

寝室は寝心地の良い布団を使ってみたり、深い眠りに誘ってくれる音楽をかけるようにします。

照明はかすかに明るくして、落ち着いた状態で眠れるようにします。

軽い運動をすることで質の良い睡眠を作ることが出来るだけでなく、女性の子宮が妊娠しやすい状況にすることが出来ます。

血行が良く、血液が集まりやすい子宮を作ることで人工授精の成功率を上げることが出来るのです。

軽い運動を行うようにして、着床しやすい子宮を作るようにします。


毎日の生活は規則正しく送り、妊娠しやすい生活をするように心がけることが大切です。

気持ちを楽にして、自然な形に任せることも大切なポイントです。









妊娠相性

常に妊娠したいという気持ちを持ち続けること



常に妊娠したいという気持ちを持ち続けること

 妊娠したいと心から思っている女性は本当に多くいるものですが、その願いと裏腹になかなか妊娠できないと言う人も現実にはたくさんいるのです。

基礎体温を図ったりい、ろいろ情報を集めて自分なりにまたは夫と協力して子作りに励んでいるものの、なかなか妊娠できないと言う現実にあきらめてしまっている人やまたは無理だと思ってる人も実に多くいるのです。


ところが卵子の数がすくなかったり、または夫の精子の数が足りなかったり、もしくはなかなか受精できなかったりするということもしばしばあります。

これが別に稀有な例ではなく、なかなか子供ができなかったりするということは極々普通のことなのですから、妊娠ができないことに焦ってしまってはいけません。

妊娠したいという気持ちを常に持ちながら、いつか子供ができたらいいねというような感じで、気軽な感覚で待ち続けるのが良いと言えるでしょう。


しかしある年数期間、つまり具体的な年数なら1年間、子作りしていてもなかなかできなかったり、または2年を超えても子供ができなかったりした場合は、いちど病院で診てもらうと良いでしょう。

子供は天からの授かりものとは言いますが、医学的に見た場合に2人のどちらかがもしかしたらなかなか妊娠できにくい体質になっているかもしれませんので、一度診てもらうと良いでしょう。

そこで不妊治療など取り組んでいかなければならないのですが、その時にまた考えればいい話ですので、妊娠したいという気持ちを常に持ち続けることが本当に大切なことなのです。


また女性の年齢にもよりますし、男性も年齢は関係ないのではないかと思いますが、若い方が良いと言えるでしょう。

かといって年齢を重ねていたとしても、別にあせる必要ありません。

お互いの気持ちをしっかり持っていまのパートナーの気持ちを尊重し、子供ができたらいいねと言う感じで、2人で常に接しているということが大切になってきます。


 子供ができた時にこんなことをしたい、あんなことをしたいと思い描きながら、生活しておくのも大切なことかもしれません。

また仮に長い間出来なくても相手を責めたりもしくは傷つけるような言動を発することは控えるべきでやめるべきです。

悪いというわけでもなくどちらかが故意に何かをして妊娠できないというわけではないんですから、お互いに楽しく夫婦生活をすることを常に心がけるようにしましょう。

そうすることにより妊娠できない体質でなければ、きちんと妊娠することができます。

今まで何に悩んでいたのかわすれたねと思い笑い飛ばす日はかならずくるのです。


妊娠できない病気

メニュー